タイムバリューの特長

働き方改革法案が施行!

2019年4月1日から順次施行されている「働き方改革法案」。ご担当者様は、ご対応にお困りでないですか!?

30日間無料トライアル

まずはご相談・お試しください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

ナビダイヤル0570-0484-12 受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)

そもそも、働き方改革法案の内容って何?

働き方改革法案の内容とは?
働き方改革法案は大きく分けて、以下の6つがあると言われています。

  • 1
    年次有給休暇の
    取得義務化
  • 2
    時間外労働の
    上限期限※2
  • 3
    月60時間を超える
    (時間外労働の)
    割増賃金※3
  • 4
    労働時間の
    適正把握の義務化
  • 5
    勤務間
    インターバル制度の
    導入
  • 6
    フレックスタイム制
    の拡充※4
※1:
10日以上の有休が付与される労働者には、年5日間の有休を、取得時期を指定して与えることが義務付けられる。
※2:
36協定で定める限度時間に上限が設けられ、上限を超えると罰則が適用される。
  • 月45時間以上の時間外労働が、年6か月以下であること
  • 月100時間未満(休日労働含む)
  • 年720時間未満(休日労働含まない)
※3:
60時間以上の時間外労働に対して、25%の上乗せとなる。
  • 時間外の25%割増と60時間以上の25%割増となるので、実質50%の割増賃金となる。
※4:
1か月単位だけでなく、2・3か月単位での運用が可能となる。
  • 月45時間以上の時間外労働が、年6か月以下であること
  • 複数月単位の運用については、就業規則への規定・労使協定の締結
  • 所管の労働基準監督署長への届出などが必要。違反すると罰則規定あり。

働き方改革法案を守らないとどうなる?

当然ながら、働き方改革法案を守らないと、罰則をうけます。

例えば、年次有給休暇を年5日以上取得できていない従業員がいると、
従業員1人あたり最大30万円の罰金が課されます。
年次有給休暇を年5日以上取得できていない従業員がいると、従業員1人あたり最大30万円の罰金が課されます

働き方改革法案を守らないと罰則をうけます

 

でも、守るの難しそうですよね...

法令を守るためには、
複雑な集計業務
集計結果の管理
従業員への指導 等々

企業ご担当者様の頭を悩ます業務が、多々あります。

有給休暇・特別休暇管理機能

タイムバリューなら、働き方改革関連法に完全対応!!

企業ご担当者様に朗報!タイムバリューは、働き方関連法案に完全対応!!人事担当者の管理業務を軽減いたします。

有給管理や残業管理が楽に!

働き方改革関連法に対応した、タイムバリューの機能のご紹介

1.有給休暇・特別休暇管理機能

「有給休暇」「特別休暇」の細かい設定が可能です

社員種ごと、部署ごとに、「有給休暇」の基本設定が可能です。
会社ごとの「特別休暇」も設定できます。

社員は、「有給休暇・特別休暇」の付与状況と取得状況が確認でき、消化する休暇の取得の登録もできます。
1日、半日だけでなく、時間単位での有休の取得も可能です。

詳細へ

有給休暇・特別休暇管理機能

2.残業申請管理機能

スマホでも、打刻ソフトでも「残業申請」が行えます

社員が「残業申請」を報告すると、自動的に上長宛てにメールが送付されます。

申請された「残業申請」を確認し、承認できます。

残業申請管理の流れ

詳細へ

残業申請管理機能

3.数値の見える化

見える化で、管理が簡単になります

時間外などの数値を年単位で管理することが可能です。
また、有休の取得状況の見える化にも対応済みです。

時間外労働のチェック対象となる場合、色をつけて表示します。
社員の一覧表示で確認できますので、管理が容易になります。

数値の見える化

30日間無料トライアル

まずはご相談・お試しください

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

ナビダイヤル0570-0484-12 受付時間 9:00~18:00(土日祝除く)

このページのトップへ戻る